FC2ブログ

お茶にワンコにビスケット。

お茶を飲みながら、ワンコと共におやつのビスケットをかじりつつ、キスマイ玉森裕太くんを鑑賞するのが至福のひととき。夫(自称オーリー)と、次男坊であるわんことの、2人+1ワン暮らし。長男わんこは2013年秋から、天国に留学中です。また会えるかなぁ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛車とミツバチのはなし。

10年間苦楽を共にしてきたもう1台の愛車ともお別れしました。
数年前とは我が家のライフスタイルが変化し、1台にまとめようということになったのです。

さてこれに先立って1月にお別れしたFIATちゃんですが、6社ほどの車買い取り業者に査定を依頼しました。
一番良い評価をしてくれたのが信頼のおける有名な横浜のM自動車さん。
偶然ウチの近所にFIAT専門販売店をお持ちで、現在ウチの子はそこで売られておりますです^^;
もともと購入したディーラーさんにも下取り額を聞いてみたのですが、そちらはなんとなんと、約30万ほど低かったのです。

で、2日間にわたり入れ代わり立ち代わり業者さんがやってきてちょっと手間でしたけど、金額には予想外に大きな幅がありました。
買取業者に査定を頼むのは初めてだったので、いろいろと不安も大きかったですが、案外皆さんちゃんとしていてそこは安心しました^^;
しかし「わからないなぁ…いやぁ、外車はコワいなぁ…」とか言ってハッキリ金額を提示せず濁していったとても有名な買取業者1社、
車種を知ってて来てるのになんでわかる人よこさなかった?(笑)
おまけにそういう人ほど長時間見てったし。

あ、でも、連絡なしにすっぽかされたところも1社ありました。
そちらはそもそも最初の電話からダメだったので、やっぱりね、という感じ。
だって連絡してきたのが19時まわってたのに、いくらアクセス近めだったとはいえ「これからいいっすかねぇ~」なんて言ってきたのです。
そりゃ一刻も早くというのはわかるけど、夜暗い中で見て、きちんと評価できるわけないじゃーん。アホちゃうか。
もちろんお断りし、後日の約束をしたのですが結局すっぽかされたという(笑)

車を持っていかれたものの後日クレームをつけられ、
提示された金額より大幅に安い金額しか振り込まれなかった、など、
車買取業者に関するトラブルは大変多いそうなので、みなさまもお気を付けくださいね。


で話は戻りますが、M自動車さんに、もう一台の方も、売却の際は是非にと言っていただいたので、
ほぼそちらで心を決めていたのですが(担当者の方が愛犬家でしんらをとてもかわいがってくれたし)…

決算時期だったこともあるのでしょう、次のディーラーさんがM自動車さんを超える額を提示してくれたので、
結局ディーラーさんにお願いしました。
次の車を買う時に下取り車を込みにすると実際の純粋な値引きがごまかされちゃうけれど、
今回はパッキリ、下取り車があってもなくても、純粋な値引きをいくらか出していただいたりして。
そうねぇお店には4回も足を運びました^^;営業の方、面倒な客でごめんなさいね。

まぁそんなこんな、途中心が揺らいだりしなくもなかったのですが、無事次の車ちゃんが決定。
そして納車の日。晴天。

車体の確認のためにオーリーとぐるり車を見ていたら、ナンバープレートの真ん中に、小さなミツバチちゃんが1匹とまっているではありませんか。

日々ハチミツやらプロポリスやらを我が家が愛飲しているのはご存じかと思いますが、
それを生み出すあのコロッと丸くてフワフワの毛が生えたしましまボティもたまらなく私のタイプ(家にも何かとミツバチグッズ多し)。
あんなかわいらしい小さな子たちが、我々人間をどれほど助けてくれているのかと考えたら、
我が家にとってはたまらなく大好きで尊敬すべき小さな天使なのです。

なんであんな観葉植物くらいしかないような場所に居るのかも不思議で、
もしかしたら、あーミツバチちゃんも、お祝いに来てくれているのかなと思ったら、
きらりとの思い出がつまった兄妹車とお別れして次の車を迎える、寂しくもあり嬉しくもあるこころが癒される感じがして、
じわじわ感激しました。



しかし、帰宅して、そのアラフォー女のちょっぴりイタイふぁんたじぃがもろくも崩れたの…

そう、なんとミツバチちゃん、タイヤのうちろに巣をこしらえておった!(笑)


もう空っぽだったので、あの子は最後の卒業生か何かだった?
いずれにせよ、あの子はジブンちの近くにとまってみていただけのことでしたとさ。

でもふわふわでかわいかったなぁ♪

Comment

Add your comment

Latest

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。